地域ケア連絡会・・・・・壱岐南のみんなのために

第11回”ふら~っとカフェ壱岐南”実行委員会&第15回ケア連

第11回”ふら~っとカフェ壱岐南”実行委員会
&第15回ケア連を開催しました。

◆日時:2015年11月25日(水)19時から21時
◆場所:壱岐南公民館
◆内容
  1)新メンバー紹介
    ライフマジック健康クラブ 菊池さん、波多江さん
  2)第10回”ふら~っとカフェ壱岐南”反省会議議事録
  3)議事
   1.カフェ関連
     次回12月6日(日)10時から15時
   2.慰労会 12月6日15時40分出発 大人30人+子ども2人
   3.次回カフェ 2016年2月7日(日)10時から15時マナハウス
     実行委員会1月27日(水)19時壱岐南公民館
   4.アンケート報告  概略を説明
     2月カフェ時に報告する
    ※参考意見
      サロンなでしこで健康チェック・アンケートを実施した際、
      健康な人と、要支援の人とには、行動パターンに顕著な
      差があることが見られたそうで、要支援の人はなかなか
      外出しにくいため、部屋の中・家の中だけになりがち。
      結果として、運動不足とコミュニケイション不足に陥り
      やすく、認知症になりやすい。
   5.検討課題
    ①会計担当の設定  小金丸委員長が暫定的に引き受け
    ②運営組織の検討  いろんな意見が出た
     <1案>行政の地域包括ケアシステムと連動したスケジュール
           が、無理がないのでは。
     <2案>一部にカフェの評価として関わりを否定するような
           意見があり、看過できない。
           地域が認める組織は早い対応が必要では。
     <3案>今のカフェは立派だと思うが、参加しない人たちへの
           アプローチはないものか。
     <4案>地域の高齢者にもっと密着した人たちが運営に参加すれば
           次の課題もわかるのでは。
     <5案>カフェを団体の位置づけにするのではなく、ケア連を
           中心に考えてみてはいかがか。自治協にしろ社協に
           しろ、合意がないと進まないとは思えるが。
     <6案>現状は誰が参加しても、誰がサポートしても自由なのだが、
           校区という表現をすると、制約が生まれないだろうか。
     などなど、多くの意見が出て会議が終わりそうになかったので、
     行政のスケジュールを確認してみることで中締めというところ。

(掲載:壱岐南公民館 淀晴雄)
スポンサーサイト
  1. 2015/11/26(木) 13:35:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

第10回”ふら~っとカフェ壱岐南”反省会議資料

第10回”ふら~っとカフェ壱岐南”反省会議資料を掲載します。

こちらからご覧下さい。

(掲載:壱岐南公民館 淀晴雄)
  1. 2015/11/11(水) 13:32:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ブログアクセス2000件突破!

本日(2015年11月10日)時点で
ケア連ブログへのアクセスが、2000件を超えました。

2014年7月にブログを立ち上げました。
2015年6月にアクセス1000件を達成後、
2000件にはほぼ半年でした。

近隣の医療・介護施設と校区関係者とが集まり、
高齢者を中心とした地域福祉について、
自由に意見交換をすることがケア連のスタートでした。
そして、その意見交換の備忘録として、ブログを同時に
立ち上げました。

地域包括ケアシステムには、基本的には関わらないつもり
でしたが、行政の対応の状況から見ると、地域でのそれなりの
準備が必要ではないかとの考えから、勉強会らしきことも
やるようになりました。

最も大きな成果は、”ふら~っとカフェ壱岐南”の開催です。
ケア連立ち上げと同時期にスタートした、”あすみん”での
プロジェクト(高齢者の居場所作り)を壱岐南で実践したのです。
前述の医療・介護関係者と地域の人たちに加え、地域の
ボランティアやNPOの方々も幅広くサポートしていただいています。

福岡市内各地に”カフェ”はありますが、組織の運営を含め、
独自の方法で開設されています。
おかげさまで、地域のみなさんも大勢参加されています。

ケア連やカフェに問題がないわけではありません。
地域の有志で構成・運営されているために、地域の団体と
いうことにはなっていません。
たまたま地域の団体の人たちが、中心メンバーになって
いるので、認知度はたかくなっています。
しかし、地域の事業として高齢者を含む福祉事業として確立する
には、既存の団体に属するか、新規団体として認めてもらう
必要があると考えられます。
理念は先進的だと思いますが、地域の方々と同じベクトルを
持たないと、理解は得られないのではという懸念があります。

次なる課題として考えていきます。

(掲載:壱岐南公民館 淀晴雄)
  1. 2015/11/10(火) 09:39:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

第10回”ふら~っとカフェ壱岐南”開催しました。

第10回”ふら~っとカフェ壱岐南”を開催しました。

◆日時:2015年11月1日(日)10時から15時
◆場所:マナハウス
◆参加者すう: 利用者80人
          スタッフ42人
          合計122人
  いつもよりやや小ぶりなカフェになりました。
  時期的にあちこちでいろんな催事が開催されていたためと
  思われます。

◆内容:
 1.いつものようにコーヒーなどの飲み物や食事
 2.マッサージ・健康相談・抹茶サービス
 3.野菜・果物などの販売に、生花の販売をプラス
 4.ふらっと教室では
   ①本庄マスター(会長)ミニバス運行の説明
   151101_110140カフェ
   ②淀のマイナンバー制度説明
   ③利用者ご意見アンケート実施

次回開催は12月6日(日)10時から15時、マナハウスです。

実行委員会は11月25日(水)19時公民館です。
(掲載:壱岐南公民館 淀晴雄)
 
  1. 2015/11/02(月) 16:19:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

carerenrakukai

Author:carerenrakukai
地域ケア連絡会とは、壱岐南校区の、医療・介護を行なっている施設・事業所と自治会・諸団体・民生委員などの地域の人々で構成され、高齢者福祉を目的とする情報連絡会です。

訪問者履歴

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (143)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR